バスの乗り方講座

もっとハスに乗ってみよう!

バスの乗り方のご案内

行先表示を確認して下さい
[A]経由 [B]行先

バスに乗る際は行先表示をご確認下さい。

入口です

バスの乗り口は、車両後方のドアです(中扉または後扉)

出口です

富士急の一般路線バスは原則として運賃後払いです。

現金・定期券・乗車券類でご乗車の場合は、整理券をお取り下さい。

定期券のお客様も整理券をお取り下さい。
始発停留所等、整理券のない停留所もあります。
その場合は、整理券を取る必要はありません
(整理券は折り曲げないようにしてください)
※ICカードをタッチしたお客様は、整理券を取る必要はありません。

ICカードでご利用の場合は、ICカードをタッチして下さい

交通系ICカードを乗車リーダーにタッチしてください。
Suica・PASMO・TOICA等の交通系ICカードが使えます。
※ICカードをタッチしたお客様は、整理券を取る必要はありません。

バスの降り方・運賃の支払いについて

降車ボタン

降りるバス停がアナウンスされましたら降車ボタンを押して下さい。
降車ボタンは、壁や窓枠、手すりに設置されています。

停留所の確認

次に停車するバス停の名前は、前方の表示器およびアナウンスでご案内します。

運賃の確認

次のバス停までの運賃額は、前方の表示器で表示されますので、ご確認下さい。
※整理券のない停留所から乗車した場合は「券なし」の運賃額となります。
※こども(小学生以下)のお客様の運賃は、おとなの半額です。ただし、5円単位の端数は10円に切り上げます。

[C]券なし [D]整理券番号

※社内事故防止の為、バスが停車して、降車用ドアが開いてからお立ち下さい。

現金・乗車券でお支払の場合

整理券を入れてから、運賃・乗車券を投入口にお入れ下さい
定期券、フリーきっぷの場合は、整理券のみ、お入れ下さい。
現金でも運賃支払いは、小銭又は1,000円札のみとなります。
※バスの運賃箱は両替方式です。おつりは出ませんので、あらかじめ両替をして、運賃を丁度の額でお支払下さい。

ICカードでお支払の場合

ICカードをタッチして下さい。Suica・PASUMO・TOIKA等の交通系ICカードが使えます。
※ICカードのチャージ残額が足りない場合は、まず乗務員に「差額精算をする(差額を現金でお支払い)」か、「ICカードに追加チャージ(1,000円単位)する」かをお伝え下さい。(乗務員が機器操作をいたします)
※子供用パスモまたは子供用スイカは、こども料金が自動的に適用されます。(子供の方がその他のICカードで支払いの場合は、タッチ前に乗務員にお申し出ください)。
※複数人の料金を支払う場合、こども運賃が対象となる場合、割引運賃を適用の場合は、料金支払い前に乗務員にお知らせください。(割引運賃では証明書をご提示ください)。

両替について

バス車両には、両替機がついています。

[E]硬貨両替 [F]紙幣両替(千円札のみ) [G]両替されたお金はここに出ます

両替できるのは、千円札と、500円、100円、50円の硬貨です。高額紙幣の両替は乗車前にお済ませください。
※走行中の両替は危険ですので、停車中にお願いいたします。
※お支払には、チャージ額から自動精算され、大変便利で安全なPASMO・Suica等の交通系ICカードをご利用下さい。